HOME  体験談一覧 草津温泉 地蔵の湯・千代の湯 .

時間湯(地蔵の湯)での湯治体験記

千葉県 Fさん アトピー性皮膚炎の場合


湯治前

湯治後


 18年間塗り続けていたステロイドを止めたら…
 私は、アトピー性皮膚炎のため、病院から処方されたステロイドを9歳頃からステロイドが効かなくなる27歳までの約18年間アトピーを治すために塗り続けました。そして、その塗り続けた結果は、顔及び体等の皮膚は非常にひどいものとなってしまいました。
 ステロイドを塗り続けていくと徐々に効かなくる事を、24歳の頃、やっと本を読んで知りましたが、実際、自分だけは、大丈夫と思いステロイドを塗り続けました。正直、この本を読んだ時は、ステロイドが十分に体に効いていたし、他に治療法もなく、ステロイドを止めたら体がどのような状態になるか怖いため、恐怖から逃がれるために塗り続けました。しかし、自分も同様に27歳の時、ついにステロイドを塗っても、一向に痒みがとまらず、おでこや耳から出血するような状態になってしまいました。これは、まずいと思い、おでこから血を流しながら、いつもの病院に行くと、さらに強いステロイドを処方されました。さすがにバカな私でも、この強いステロイドが効かなくなる時がすぐに来る。それも、時間の問題だと思い、ステロイドからの離脱を決意しました。
 ステロイドを止めた当初は、いわゆるリバウンドというやつで、顔も体も無残な姿となり、私が電車に乗ると人が避けていくほどひどい状態になってしまいました。痒みで日々眠れず、風呂に入ると傷がしみて痛く、つらい日々を過ごしていました。3ヶ月間くらいでリバウンドが収まったので、自分勝手な楽観的な考えで、その後3ヶ月くらいすれば直に善くなると思ってましたが、ほとんど善くならずでした。ステロイドをやめたのはいいが、効果的な治療法がわからず、とりあえず漢方などの民間療法を試しましたが効果が少なく、その他これといった治療法が見つからないまま、手詰まりの状況となってしまいました。皮膚は依然として悪く、良い治療法が見つからないまま、そうこうしている内にステロイドを止めてから3年の月日が経過してしまいました。
 
 2ヶ月の時間湯。生活の仕方が大切!
 そんなある日、草津温泉がアトピー性皮膚炎に良いということを知り、とりあえず旅館を予約し、1週間程行ってみることにしました。草津温泉に着くと、最初の5日間は、無料のとある共同浴場に入りましたが、泉質が強酸性のため、体に非常にしみて痛く、皮膚の状態も効果的に善くなりませんでした。草津温泉は、自分には合わないと思い、半ばあきらめかけていたところ、湯治専用のお風呂で時間湯というものがあるのを聞き、早速、問い合わせて2日間だけ入ることができました。宿泊の予約の関係上、たった2日間しか入ることができませんでしたが、肌がいい感じになったのが実感できました。その後、職場の上司と相談して長期休暇をとり、アパートを予約して、一大決心で2ヶ月間、時間湯で湯治しましたが、体がみるみるうちに改善していきました。現在は、完全に健康な人と同様な肌というわけには、いきませんが、ほとんど痒みもなくなり、かなり満足しています。今では、保湿剤を使用せずに生活しています。
 ただし、ただ時間湯に入っていれば治るという訳では、ありません。食事制限や睡眠等について、湯長からの適切な指導を守って湯治を行わなければ、より効率的な治療効果を上げられないと思います。湯治者の中には、アトピー性皮膚炎で全身、非常にひどい方でも痒みが全くなくなり、治っていく方もいます。湯治期間中、他の湯治者の方が治っていくのをみると、とても安心できますし、心強く湯治ができました。ただし、湯治期間、治療速度も人により違いますし、全員が全員、完治するとは、限りませんがほとんどの人に効果的に善くなる可能性は、高いと思います。
 
 私の感じた、共同浴場と時間湯の違い
また、時間湯と共同浴場では、私が感じたところ、同じ草津温泉でも大きく違います。あくまでも私の主観ですが、大きな相違点は、下記の5点あります。

 1.泉 質 (時間湯と共同浴場では、同じ強酸性ですが、時間湯では、
         治療に最適なお湯を使用しているそうです。)
 2.温 度  (時間湯は、約48度という高温で入浴することで、皮膚の痒みが止まります。)
 3.指 導 (時間湯では、120年以上の長年受け継いできた湯治方法を湯長から指導して
          いただけるので、治療が効率的に行われます。)
 4.料 金 (時間湯は、有料。共同浴場は、無料ですが、治療目的で湯治するのであれば、
          時間湯をお勧めいたします。)
 5.治療速度(私が入浴した感じでは、具体的にどのくらいの期間違うのかわかりませんが、
          圧倒的に時間湯の方が早いと感じます。)
 
 最初、48度という高温も、どう考えたって熱いし3分間も入れる訳ないと思っていたのですが、多少我慢すれば、ほとんどの方が入れます。3分間我慢できなければ、途中で浴槽から出ても構いません。途中で出たからといって怒られるわけではありません。治療が目的ですので、決して我慢大会ではありません。
 ちなみに、時間湯で48度という温度に私は、入り続けましたが、私が特別熱さに強いという訳ではありません。私も普通の自宅のお湯で48度は、入れませんが、温泉と普通のお湯(水)では、体感温度が温泉の方が低く感じるため、温泉ならば、48度という高温でも入れます。
 いろんな病院に行っても治らないのだから、温泉で治るなんて最初は信じられなかったんですが、なぜか、この時間湯で入り続けると治っていくのが実感できます。ステロイドのように塗ると肌がすぐに善くなるようなことはありませんが、期間はかかりますが、時間湯に入り続けるにつれて、徐々に善くなり、その後は、保湿剤すら使用しないで生活できるような状態になることも可能です。
 
 お蔭様で、社会復帰しました!
 最終的に私も他の湯治者と同様に痒みも大分減り、職場に復帰することができました。時間湯に入ることで多くの人が健康な体を取り戻し、学校や職場に社会復帰していくことができるので、この時間湯は、「歩み入る者にやすらぎを去りゆく者に幸せを」という草津町の町民憲章そのものを表していると思います。
草津町、町民の皆様、長年時間湯を支えて下さった皆様、井田湯長及び湯治者の皆様に心から感謝いたします。
  私も全国で多くのアトピー性皮膚炎で長年苦しんできた中の1人ですので、この体験記を読んで、一度は、時間湯をお試していただいて健康になるきっかけになれば幸いと思います。


体験談一覧へ戻る


草津温泉 時間湯オフィシャルサイト